仙台で婚活しているひとのために

モテすぎると格上婚できない
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

モテればモテるほど格上婚から遠ざかる

 

全精力を傾けて、本命を一本釣りしましょう!

 

30代半ばの独身女性からの相談は、おおよそパターン化しています。

 

「私は30代半ばなのですが、20代にしか見えないと言われます。美人だねと言われモテてきましたが、最近は色気がすごいと既婚のオジさまにほめられます。海外出張の際、オジさまはおみやげを買ってきてくれます。食事に行ったときに、つい誤解させるようなことをして面倒なことになるのですが、独身男性にはまったくモテないのです(笑)。どうしたら、若い男性にモテるようになりますか?」

 

こんな女性に遭遇するたびに、女性には社会に出る前に男性の行動原理学を完全マスターしてほしいと願わずにいられません。

 

モテすぎるオンナの現実

 

男性の行動原理学の大原則「オトコは性的メリットを優先する」を思い出してください。

 

オジさんから見たら、30代女性はまだまだ若い。

 

若い女性とあとくされなく遊べるなら、甘い言葉もささやきますし、お金も使います。

 

 

オジさんにモテていると思っているようですが、実際は「ヤレる女」と見られているだけです。

 

同年代に誘われないのはお嫁さんにしたい候補ではないということです。

 

個人的には、25歳を過ぎて、「モテる」ことにこだわる人に、心の闇を感じます。

 

男性に求められることは、心地よいことでしょう。けれど男性の行動原理学の原則「オトコは性的メリットを優先する」から考えると、男性が寄ってくるのは当たり前のことです。

 

性的メリットを優先するがゆえに、男性はまったく脈のない人を口説きませんし、ご褒美を与えなければ去っていきます。

 

オジさんたちは、向こうから誘ってきたくらいに思っている可能性があります。

 

私の会社員時代、独身男性に人気のある女性と、オジさんたちに人気のある女性は一致しませんでした。

 

なぜかというと、独身男性に人気のある女性たちは「既婚者と食事に行ってもムダだから」誘いに応じないのです。

 

オジさんにだけモテて困っちゃうと嘆く女性は、誘われることに固執しているように私には見えました。

 

誰かほかの子を連れておいで、と言われると全力でつぶしていましたからね(笑)

 

男性の行動原理学は、男性と対等になることを推奨していますが、モテは対等の理念から外れています。

 

男性に「モテる」ことに価値を置く女性は、実は男性に求められることに固執しているので、パワーバランスは男性のほうが明らかに上です。

 

「モテる」という言葉にだまされていますが、実は自分がすがっているのです。

 

モテるとは、引き寄せて抱え込むこと。

 

男性の行動原理学的婚活は引き寄せて、そのなかからひとりに絞り、ほかはきっぱり捨てること。

 

 

正反対の行為ですから、モテればモテるほど格上婚活は成功しなくなります。

 

西島秀俊の妻、ロンドンブーツー号2号・田村淳の妻など「プロ彼女」と呼ばれる人の過去が取りざたされましたが、元芸能人である彼女たちの経歴は浮き彫りにされても、夫以外の芸能人との交際は明らかになっていません。

 

私はそこに彼女たちのプロ意識を感じるのです。

 

あれだけの美貌の持ち主であれば、業界人、一般人問わずモテたことでしょう。

 

けれど、彼女たちは魅力をムダづかいせずに、大物芸能人の一本釣りにすべてを賭けたのです。

 

高い目標を掲げ、未来の夫に恥をかかせないため、危機管理意識をもって男性関係に注意する。

 

これぞ、プロフェッショナルの技といえるのではないでしょうか。

 

間違わないためのポイント

 

  • 25歳を過ぎたら、モテは卒業しましょう
  •  

  • 格上オトコをねらう婚活にモテは不要

 

 

「婚活の邪魔をする人」につづく ⇒

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加