婚活での運命の出会いは、ほぼワリカンなんです。

婚活での運命の出会いは、ほぼワリカン
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

出会いの経費と本気度は比例する

 

婚活TPOのP(男性と出会う場所)について、補足します。

 

男性の行動原理学は、男性と、「対等」になるための手段です。

 

 

辞書によれば。「対等」は、

 

「相対する双方の問に、優劣高下などの差がないこと」

 

とありますが、「男性の行動原理学的婚活の対等」とは、「社会的地位や収入が違っても、高下の差がなく、大切な女性と認識されること」です。

 

では。「対等」であるための「出会い方」についてご説明しましょう。

 

「10秒で自分の市場価値がわかる相対的外見レベル5段階理論」で、合コンや婚活パーティなど、瞬発力勝負の出会いが向く人とそうでない人がいる話をしました。

 

瞬発力派の人にお願いしたいのは、「男性の会費が無料のパーティには行くな」ということです。

 

医師や弁護士など、社会的地位と収入のある男性と出会うパーティは、男性の会費が無料で女性のみが高い会費を負担するようになっています。

 

会費が高くても「出会い」が欲しい女性が出席するのでしょうが、断言してもいいですが、収穫はないと思います。

 

知人にも何人か参加した子がいましたが、ヤリ捨てされて終わっていました。

 

男性が無料ということは

 

男性は無料で、女性の会費が高いということは、男性に「来ていただいている」わけですから、男性のほうが優位な立場ですね。

 

男性医師に聞いた話ですが、彼らを婚活パーティの人寄せパンダにするために、婚活パーティの無料チケットは国家試験の合格発表の場所で配られているそうです。

 

結婚相談所からは、「会費はいらないので、入会してください。気が向いたときだけ参加してください」と名義貸しを頼まれることがあると言っていました。

 

男性は非常に調子に乗りやすい生き物です。

 

 

かつ、いろいろな女性と無責任に無限にヤリたいという性欲も抱えています。

 

医者目当ての女性がわんさかいて、自分が選び放題。

 

遊んでくださいと言わんばかりの状態で、真剣に相手を探すと思いますか?

 

そもそも病院とは、女性が多い職場です。

 

病院にきれいな看護師さんや女医さん、薬剤師さんがいますから「出会い」は多いことでしょう。

 

お金、というのは誠意を見る指標となります。

 

お金を払わないということは、払わないほうが社会通念的に価値が高い、もしくは払わないほうの真剣味がない、ということです。

 

時代の流れで、ネット婚活も盛んですが、男女ともにだいたい同じ会費を支払う、きちんとした業者を見極めてください。

 

出会い系サイトなんてもってのほか!

 

そこに真剣な出会いを求めるほうが間違っています。

 

婚活パーティも見極めが大事

 

婚活パーティといえば、単身赴任の既婚者が独身のふりをして参加することがある、と聞きました。

 

パーティに名刺を提出したとしても、そこには妻子もちかどうか書いてあるわけではありませんから、わからないですよね。

 

土日に会えない、家に入れてくれない男性は疑ってかかりましょう。

 

バブル時代は、お金を払わないのがオンナとして価値が高いとされましたが、現代は、価値の高い格上男性と対等になるためにお金を使うべき、ということを覚えておいてください。

 

間違わないためのポイント

 

  • 男性と対等になるために、お金を払いましょう
  •  

  • ネット婚活は、信頼できる業者かをよく見極めましょう

 

 

「「かわいい」は最初のプロポーズ」につづく ⇒

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加