婚活は努力するからうまくいかないんです!

婚活は努力するからうまくいかない
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

婚活がうまくいかない人に足りないもの

 

婚活がうまくいかない人。そんな人に足りないのは、魅力ではなく、自信です。

 

婚活がうまくいかない。そう嘆く女性は多いです。

 

 

27歳のAさんは、いつあるかわからない運命の出会いに備え、おしゃれに余念がありません。美人なので合コンやパーティでよく声をかけられますが、誰もつき合おうとは言ってくれません。カラダの関係になった途端、男性から連絡がなくなります。今度こそと思いながら、1年以上同じことを繰り返しています。

 

34歳のBさんは、職場や女友達の前ではサバサバしたキャラですが、男性といると自虐に走るクセがどうしてもやめられません。合コンで男性に年齢を聞かれると、「オバさんなんです。スミマセン」と自虐し、相手を困らせてしまいます。

 

29歳のCさんは、営業という仕事柄、レストランに詳しいです。男性が連れていってくれるお店ではまったく満足できず、デートの段取りの悪さにイライラして、つい文句を言ってしまいます。会社の後輩とつき合ったときは、スーツ一式まるごとプレゼントしたり、人事に提出する書類の書き方にあれこれ囗を出したりしているうちに、フラれてしまいました。

 

軽いオンナだから。オバちゃんギャラだから。仕事ができすぎて、オトコを立てることができないから。彼女たちの婚活かうまくいかない原因を、多くの人がこう分析するでしょう。

 

確かにそういう一面もあると思いますが、それはあくまで表面的なことで、根っこにあるのは自分に対する自信のなさだと思うのです。

 

Aさんが簡単に深い関係になるのは、早くカラダを許さないと逃げられるという自信のなさから。

 

Bさんが男性にだけ自虐的なのは、30歳を超した女性は、価値がないのではないかと思い込んで自信がないから。

 

Cさんが男性に文句を言ったかと思えば過剰に世話を焼いたりするのは、自分の知識やスキルを認めてほしい、相手に貢献してほめられたいという自信のなさからなのではないでしょうか。

 

肝心なモノを見落としている

 

料理上手、オトコを立てる、癒やし系。

 

テレビのバラエティ番組で語られる。「理想のオンナ」の代表例はこんなところでしょう。

 

自分に自信のない女性ほど、これらの。「理想のオンナ像」に縛られ、婚活がうまくいかないのは、自分が男性の。理想のオンナになりきれていないからだと感じています。

 

彼女たちは自分の中の。理想のオンナではない部分を探して自分を責め、時にそれを求める男性を恨んだりします。

 

 

努力して理想のオンナになれたはずなのに、相手が見つからない人もいます。

 

「条件を満たしたはずなのに決まらない、次は何をどうすればいいの?」とますます自信をなくしていきます。

 

でも、冷静に考えてみましょう。

 

世の中の既婚女性全員が、「理想のオンナ」の条件を満たしていると思いますか?

 

どう見てもそうではありません。つまり、結婚においては。理想のオンナであるかどうかは重要ではなく、そのための努力々もムダなのです。

 

木を見て、森を見ずということわざがあります。

 

物事の一部分や細部にとらわれて、全体を見失うことですが、これは婚活かうまくいかない女性の特徴だといえるでしょう。

 

理想のオンナ々にこだわるあまりに、いちばん肝心な部分を見るのを忘れているのです。それは何でしょう。

 

オトコです。

 

結婚するためにすべきことは

 

オトコと結婚するには、オトコを知る必要があります。

 

男性を長く観察すると、全男性に共通する条件から、あるひとつの。法則を導き出すことができます。

 

オトコ心は複雑といいますが、恋愛とは違って、結婚に関する女性選びと行動はパターン化されており、実は何を考えているか非常にわかりやすいのです。

 

人間がよい結果を収めるためには、自信が必要であり、成功体験がそれを後押しすることは、心理学で証明されています。

 

婚活における成功体験とは、自分が魅力的であるのを知ることだと思います。

 

ある法則を使うと、男性の考えていることもわかるようになりますし、自分が思ったよりもたくさんの男性に求められる存在であることに気づくでしょう。

 

いつも怒ってばかりの上司の前だと萎縮して力が出せないけれど、ほめてくれる上司の前だといい成果が出せるという経験をした人は多いのではないでしょうか。

 

婚活も同じです。自分が魅力的だと信じられれば、自分のいいところが自然に表現できるようになり、さらに男性が寄ってきます。

 

 

理想のオンナを目指す婚活は、男性に合わせる婚活であり、結果的に男性に振り回されたり、自分を変えることがストレスになるでしょう。

 

オトコを知る婚活は、オトコを読む婚活です。

 

男性が何を欲しているか、次の一手を読むだけで、自分を磨いたり変えたりする必要はありません。

 

相手の考えていることがわかるので、脈がないと思ったら、早く見切りをつけることができます。

 

ストレスも感じません。

 

モテない、魅力がない、オトコ運がない。

 

そう決めつける前に、オトコについて学びながら、もう一度婚活にチャレンジしてみましょう。

 

 

 

婚活で間違わないためのポイント

 

  • 理想のオンナ々を目指さない
  •  

  • 自信をつけることが、婚活成功の秘訣

 

 

「婚活のための男性の行動原理学」につづく ⇒

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加