婚活のために必要な服装と外見とは

婚活のために服は買うな
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

オトコは、合コンでオンナのどこを見ているか

 

婚活中の人からいちばん多く受ける質問。

 

それが、「婚活用に服を買いたいんですけど、どこのブランドのどんな服がいいですか?」です。

 

別にどこのでもいいですよ。

 

なぜなら、オトコは服なんて見ていないから。

 

私の知り合いにミスキャンパスのファイナリストがいたのですが、彼女は合コンの際、よれよれで毛玉のついた白いタートルネックと黒のパンツという、「あなた、やる気あんの?」という服装でやってきていましたが、毎回男子全員が彼女に群がっていました。

 

男と女では興味の対象が違う

 

それはさておき、冷静に考えてみてください。

 

会ったこともない男性がどんな服を好むかなんて、わかるわけがない。

 

こんなときこそ、男性の行動原理学の出番です。

 

女性にとって洋服を含むファッションは、「センス」や「経済力」、「こだわり」のプレゼンテーションです。

 

服装には、「私はこういうオンナだから、そこんところヨロシクー」というメッセージがこめられています。

 

それでは、男性にとって女性のファッションとは何かを、男性の行動原理学の原則「オトコは性的メリットを優先する」から考えてみましょう。

 

多くの男性にとって、興味があるのは、服の「下」であり、服とそこに含まれたメッセージはどうでもいいのです。

 

 

強いていうなら、性的メリットを予想させる服装がいいでしょう。

 

流行や値段は関係ありません。

 

脚がきれいな人はミニスカー卜を、胸に自信のある人はラインを強調する服がいいです。(念のため申し添えますが、目指すところは「ヤリたいと思わせるオンナ」であり、決して「ヤレるオンナ」ではありませんから、下着や胸を見せることはおすすめしません)。

 

もし服を買いたいというのであれば、ルミネなどターミナル駅のファッションビルがいいです。

 

奇抜でなく、フツウつぽいというグラビアアイドルのナチュラルメークに通じる、オトコウケの王道です。

 

そのなかで、自分のスタイルを際立たせるものを選んでください。

 

お金をかけるべき場所は

 

服にお金をかける必要はありませんが、凝ってほしいのが、靴と香りと肌と髪です。

 

 

 

ヒールを履くと、女性のスタイルは格段によくなります。

 

ラクだからといってバレエシューズやウェッジソールを選ぶのはやめましょう。

 

女性をいちばんきれいに見せるといわれている7cmヒールがおすすめです。

 

男性より背が高くなってしまうと気をつかう人がいますが、迷ったときこそ男性の行動原理学の原則「オトコは性的メリットを優先する」を思い出してください。

 

自分より背が高い女子と、スタイルがよい女子、どちらが魅力的でしょうか?

 

言うまでもなく後者ですね。

 

 

 

「青年漫画とグラビアを熟読せよ!」でお話ししましたが、触れたくなるようなやわらかな肌づくりには気をつかってください。

 

ファンデーションは日本人の肌を知り尽くした国産ブランドをおすすめします。

 

ある皮膚科医によると、「シミひとつで、3歳老けた印象を与える」そうですが、シミができた場合は、化粧品に頼るより、美容皮膚科に行くほうが早く解決できます。

 

投資したぶん、見返りが確実にあるのが、美容皮膚科のいいところ。

 

服や靴は高価である必要はありませんが、ここはお金の使いどころです。

 

 

香り

 

香りも大切な要素です。

 

動物のオスはメスの匂いに発情したり、体臭に引き寄せられて、ひと目惚れをするそうです。

 

この方法を利用しない手はありません。

 

髪からつま先まで、香りを統一して、いい匂いをさせましょう。

 

アニックグタールの名香のような「こだわりの逸品」は必要ありません。

 

湿度の高い日本で、フレグランスを上手に使うことは案外難しいので、自信のない人はボディクリームから使ってみるか、売れ筋の淡い石けんのような香りをおすすめします。

 

 

 

最後に髪です。

 

どんな髪形にしようか、青山の有名な美容院に行ったほうがいいのか悩む人もいるかと思いますが、問題はそこではありません。

 

達成すべきは男性の行動原理学の原則ただひとつ「性的メリットがある」と思わせることです。

 

小顔に見える、ひいてはスタイルがよくなることを目指してください。

 

雰囲気が比較的似ているタレントに合わせるのも、ひとつの手です。

 

美容師は、男性をおすすめします。

 

美容師さんたちはホームページで自分のつくったスタイルを公開していますが、たとえばボブカットひとつとっても、男性美容師のつくるスタイルは、甘さが漂っています。

 

それは、男性の願望ともいえますから、男性に切ってもらったほうが、オトコにウケる率は上がります。

 

そういえば、ある男性が合コンにやってくる女性の年齢を見分ける方法のひとつに髪のツヤを挙げました。

 

20代の女性と30代女性は肌ではほとんど見分けはつかないけれど、髪のツヤが違うんだそうです。

 

もちろん、個人差はありますが、髪は女性性をアピールする大事な武器です。

 

自信のない人は、合コン前だけでもサロンでトリートメントやマニキュアをしましょう。

 

テレビに出ているタレントさんは、かなりの割合でしているそうです。

 

女子ウケは狙わなくてもいい

 

ちなみに、ネイルは性的メリットにはつながりませんので、清潔であれば特にしなくていいです。

 

ネイルをしないなんて、女子らしくないのでは?と思う人は、グラビアなどで確認しましょう。誰もしていないはずです。

 

趣味でない服を一度でも着てしまったら、本来の自分の好みの服を着たときに落胆されるんじゃないか。

 

そんな心配をする婚活女子がいますが、大丈夫です。

 

男性はイメージを固定化する傾向があるので、初対面の段階で一度「かわいい」と認定した子は激太りでもしない限り、ずっとそのままです。

 

 

オトコウケファッションは、最初の数回でいいですので、安心してください。

 

間違わないためのポイント

 

  • 服の「下」を連想させる服を着ましょう
  •  

  • 肌というリターンの大きいものに投資しましょう

 

 

「婚活のための自分磨きは脱毛だけにする」につづく ⇒

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加