結婚話をするときの注意点はこれです!

結婚話をするときの注意点
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

結婚話のチョイスミスを避けよ

 

結婚話をするときは、最悪の事態を回避しなければなりません。

 

「オトコに結婚を決心させるタイミング」で、格上男性に自分から結婚の話をしてはいけない、女性からのプロポーズもダメだと書きました。

 

なぜかというと、一般的に格上男性はプライドがとても高い生き物だからです。

 

社会的地位、そして年収がければ高い人ほど、自らが思い描いている理想の人生を歩いてきたという考えがあるのです。

 

当然のことながら、結婚のみならずその後の人生にも彼なりの理想のシナリオがあります。

 

 

格上男性にとって、女性からプロポーズされることは、男性のもつボールペンを「ちょっと貸して」と奪って、勝手にシナリオを書き変えられることと同じです。

 

「何てことしてくれるんだよ!」という話です。

 

結婚は、家族を養うという意味で男性に大きな責任がつきまといますから、そこのところは理解して、結婚の話やプロポーズは、彼のタイミングに合わせたほうがいいでしょう。

 

しかし、ときどき、どうしてもどうしても結婚について話がしたいという攻める婚活女子がいます。

 

私のまわりでは、格上男性に自分から具体的な結婚の話をして険悪になった話は聞いたことがあっても、いい結果(つまり結婚)になった例をひとりたりとも聞いたことがありません。

 

自分から結婚の話をする場合は、負ける確率の高い大きな博打であることを承知のうえで、臨みましょう。

 

冷静に話をするつもりでも、彼から色よい返事がないと、女性は逆上します。

 

だからやめておけと言いたいところですが、そうは言われても積極的にいきたいという婚活女子のために、絶対に言ってはいけない「NGワード」と「結婚を切りだす」NGのタイミング々についてお話ししましょう。

 

NGワード

 

NGワードその@「私、もう30歳なんだけど」

 

女性は出産できるリミットがありますから、30歳を超えると焦る気持ちが生まれてきます。

 

子供を欲しがっている男性にこの話をすれば、「そうか、オレが悪かった」と思ってもらえるかもしれませんが、結婚する気がないない男性からしてみると、

 

「そんなこと言われても……」です。

 

下手をすると、

 

「じゃ、違うオトコとつき合えば」

 

「今度から年齢で脅さない若いオンナとつき合うことにしよう」

 

となってしまいます。

 

「このオンナは自分の都合で結婚の話をしている」

 

とオトコに思わせると、玉砕は確実ですので注意しましょう。

 

 

NGワードそのA「なんで結婚できないの?」

 

女性は案外「理屈」が好きです。

 

結婚できない理由が十分に納得できるならば待つ、もしくは「それなら結婚を阻む理由を私か代わりに解決しましょうか?」ぐらいに考えるのですが、男性にとっての結婚は「そのタイミングに一緒にいた人と」するものなので、「今は結婚するタイミングじゃない」以外に説明のしようがありません。

 

 

NGワードそのB「親も心配している」

 

女性はなんとかして自分の考えを正当化しようとするときに「みんなもそう考えている」という言い方をします。

 

結婚が絡んでくるケースでは、親もそう考えていると言うことが多いのですが、この言い方は男性にとってみると「知らないよ!」ということになってしまいます。

 

彼女の親というものは、男性にとっては他人のので、彼女の親の意見を聞かされても、「なるほど、なら、結婚するか」とはなりません。

 

 

NGワードそのC「半年以内で決めて」

 

彼は結婚を「まだ」したくはないのか、それとも「ずっと」しないということなのか。

 

女性は問題に直面して答えを出したい時に、一定の期限付きの回答を求めることがあります。

 

たっぷり時間を与えるから、ゆっくり考えろという温情判決かもしれませんが、これも男性にとっては意味がありません。

 

女性は結婚してもいいと思える男性に出会えた時点で、結婚カーのエンジンをかけるので、いつでも走りだせる状態です。

 

けれど、男性は、「環境の変化」があったときに初めて、エンジンをかけるのです。

 

いくら時間があっても、「環境の変化」がなければ、結婚エンジンがかかることはありませんので、走りだすこともできません。

 

きっかけがないまま期限を迎えた彼は何の反応も示さず(おそらく彼は黙ったままです)、明確な返事は得られないことでしょう。

 

婚活女子が、「時間はたっぷりあったのに今まで何をしていたの?」と逆上して終わりを迎える可能性大です。

 

NGタイミング

 

次は男性に「結婚について聞いてはいけない」タイミングについてです。

 

 

NGタイミングその@「彼の環境が変わろうとしているとき」

 

男性が結婚のタイミングとして考えるときは、転勤など、ビビりを伴う環境の変化が起きたときです。

 

ついて来てほしければ、なんらかの意思表示がある。

 

そこで結婚の話が出ていない時点で、はっきり言って、今は結婚する気がないのです。

 

そのときにやいやい迫ると、「結婚がまだ」なのではなく「コイツと結婚したくない」に質が変わってしまいます。

 

「時」が来ていないので結婚はまだ、という場合は挽回できますが、「うるさいオンナ」とオトコは結婚しようと思いません。

 

 

NGタイミングそのA「彼の環境が変わった直後」

 

彼が転勤するときにプロポーズされなかった女子が、我慢しきれなくなって転勤直後に「結婚どうするの?」と言いだすことがありますが、これもよろしくありません。

 

仕事がわちゃわちゃしているときに結婚の話をふっかけると、オトコは考えるのが面倒くさいので「無理」と返事をしてしまいます。

 

 

NGタイミングB「女性側の実家にトラブルがあったとき」

 

親の病気、兄弟間のトラブルなど、つらいことがあったとき、彼に支えてほしい気持ちはわかりますが、それが即プロポーズになることは期待できません。

 

結婚において、男性が嫌がるのは「女性が女性側の都合で女性のために」結婚したがることです。

 

結婚について聞くときは、自分の気持ちを押しつけず、相手の状況をよく見ることが大切です。

 

間違わないためのポイント

 

  • 結婚について自分から聞くことは、負ける確率の高い博打です
  •  

  • それでも聞きたいときは、相手の状況をよく見極めてから

 

 

「婚活に不必要なものとは」につづく ⇒

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加